ウーロン茶と緑茶のアンケート結果の詳細

結果

アンケートについての説明

11月中旬にウーロン茶と緑茶どっちが好き?というアンケートを実施致しました。
ご参加していただいた方々、ご協力いただきありがとうございました。
今回は実施致しましたアンケート結果の詳細を説明していきます。
こちらのアンケートは当サイト(Questionnaire【アンケート市場】)で6回目に実施致しましたアンケートになります。
最終的なアンケート回答数は127人という結果になりました。
飲み物で代表的なものとしてまずウーロン茶と緑茶が挙げられるのではないでしょうか。
そこで、渋みのあるウーロン茶とさっぱりとした味わいの緑茶の2つでは、人によっては好き嫌いが分かれてしまう飲み物ではないかと思い、こちらのアンケートを実施させていただきました。
こちらのアンケートの実施期間は1日間だけでしたが、なかなか良い集客率が実現できたのではないかと思っております。
普段からウーロン茶または緑茶を飲んでいる方にとっては馴染みのある、そして興味のある分野だったと思いますので、これだけの方々に参加していただくことが出来たのではないかと認識しております。
アンケートへのコメントでは面白いものや、具体的に述べてくれている方がたくさんいましたので、是非最後までご覧ください。

 

アンケート結果の詳細

アンケート結果の詳細では、数字だけではなく円グラフや棒グラフを使って説明していきますので、見やすい形になっているかと思います。
パソコン共にスマートフォン・タブレットでも円グラフ、棒グラフの拡大が可能となっていますので、グラフが見えづらい場合には是非拡大してご覧になってください。

 

全体の結果

こちらの円グラフではアンケートの全体結果を表しています。
今回実施致しいましたアンケートではウーロン茶と緑茶では、かなりの差で結果が表れました。
まず32.8%のウーロン茶ですが、渋みのあるウーロン茶を好んでいる方はとても多いようですね。ウーロン茶は緑茶と異なり甘みがあまりないお茶ですよね、若い世代の方にはウーロン茶が苦手という方もたくさんいるのではないでしょうか。特にパックで売られているウーロン茶などはとても苦みが強いようになっているので、小さいお子様がいるご家族などは困っている方も多いようですね。なのでこのグラフを見て予測できることは、10代の方ではなく20代より上の世代の方にウーロン茶が好まれていることが大いに考えられます。
ウーロン茶には黒ウーロン茶など痩せるために作られたものなどもあります。
主に緑茶よりウーロン茶の方が痩せやすい体になりやすいと言われていますので、その点含めウーロン茶が好まれているのではないかと思っております。
そして一番投票数が多かった42.3%の緑茶ですが、やはりとても好まれていることがこのグラフを見てもとてもよく分かります。
緑茶はウーロン茶と比べ甘み成分が強いお茶ではありますので、小さいお子様でもとても飲みやすいお茶になっているので好まれている理由がとてもよく分かります。
そして緑茶にもたくさんの種類のお茶があります。飲料販売コーナーや自動販売機でもよく見かけるように、数多くの会社が緑茶を出しています。
ウーロン茶よりも上回る数の会社が緑茶を出していることは日常生活を送る上でもとても分かるかとは思いますが、その中でも上位にランクインする緑茶が『お~いお茶』や『伊右衛門』などではないでしょうか。味わい深い甘みとさっぱりとした飲み心地がやはり好まれているのだと再認識致しました。
やはり数多くの会社が緑茶を出しているということもあり、ウーロン茶より緑茶を飲む機会が多いと思いますので、そういう点でも人気を得ていてるのかもしれませんね。
そして12.8%の「どちらも好き」を選択した方の意見では、『飲み分けが出来るのでどちらもとても美味しい』という声がたくさん見られました。
緑茶は飲めてもウーロン茶は飲めない、またはウーロン茶は飲めても緑茶は飲めないという方はたくさんいると思いますので、どちらも飲めるというのはとても嬉しいことではないでしょうか。その場面その場面に合わせて飲むことが出来るのでとても助かりますね。
最後に12.1%の「どちらも好きではない」を選択した方の意見では、『苦い飲み物自体が苦手』という方が非常に多い結果としてアンケートへのコメントで分かりました。
当サイトではよく10代、20代といった若い方々にご利用していただけることがとても多いので、
もしそういった若い方々でしたら、苦い飲み物や食べ物は苦手な方も多いと思いますので、12%超えという結果を生み出したのだと思っています。

 

男女別の結果

こちらの棒グラフでは男女別での結果を表しています。
まずウーロン茶が好きという選択をした方々の中には、男性ともに女性が半々という結果になりました。ウーロン茶は基本的には苦みがある飲み物ですので、男性もしくは女性どちらかに傾く結果になると予想していたのですが、大差なく結果に表れたのはとても参考になりました。
男性の投票数が多い理由としては、女性より男性の方が苦い物が好みだという点があるかと思います。女性でコーヒーが大好きだと思う方はそんなに多くはないとは思いますが、男性の方でコーヒーが好きで毎日飲んでいるという方も多いのではないでしょうか。
なので多少苦みがあるお茶の方が好まれているという意見もありますので、こういう結果になったのではないかと思っております。
そして女性にも多くの票がいただけた理由としては、黒ウーロン茶というお茶にはダイエットまたは痩せやすい体質にするには適切なので好まれているのではないかと思っております。
やはり女性にとっては体質はどうしても気になってしまうものなので、気軽に毎日飲むだけで痩せやすい体質になるのならば好んで飲むという方も非常に多いと認識しております。
他にも緑茶を飲むよりかは、ウーロン茶の方が痩せやすい体質を作りやすとのことなので、女性にはぴったりの飲み物なのかもしれませんね。
次に一番投票数が多かった緑茶ですが、女性からの投票の方多いということが目に見て分かりますね。やはり苦い物が苦手という女性の方は非常に多いことからこういう結果につながっているのではないかと思っております。
そして一番選ばれている理由としましては、緑茶は甘い味で飲みやすいというのがアンケートへのコメントで一番多い結果となりました。
男性の場合はウーロン茶とさほど変わらないことが数字でもはっきりと分かりますね。
そして「どちらも好き」という選択をした方は主に女性が多い結果となっています。
どちらかと言えば男性より女性の方がお茶を飲むイメージが強いですが、
今回のアンケート結果でも分かりやすく表れて非常に参考になりました。
お茶と言っても様々な種類がありますから、その日の気分によって飲み分けをしたり、手土産として持っていったりと、さまざまな場面で使い分けができますので、女性が多い結果となったのでしょう。
最後に「どちらも好きではない」と答えた方は、男性が多い結果となりました。
一方女性は4人と非常に少ない結果となっています。
何故男性の方が多い結果となったのかは年齢別での結果を見てみないと、確かな理由はまだ分かりませんので、早速年齢別の結果を見て、アンケート結果の詳細を説明していきます。

 

年代別の結果

こちらの棒グラフでは年代別での結果を表しています。
今回実施致しましたアンケートでは、いつも参加の多い10代の方々の参加がとても低い結果として表れました。
やはり10代の方々には普段お茶はそんなに関心、興味が少ないということがとても分かる結果となりました。
そして今回参加が多かった年代の方々は20代、40代が非常に多い結果となりました。
これまでのアンケートでは40代の方々の参加は多いとは言えない数字でしたが、今回のお茶のアンケートでは興味を持っていただくことができ、大変高い数字を出すことが出来ました。
こちらのアンケートでは20代より上の年代の方々に参加していただけましたが、これまでは逆の10代の方々が非常に多い結果となっていたので、とても嬉しい結果となりました。
ウーロン茶、緑茶、どちらも好きでは、どの選択にも20代、30代、40代の方々の投票が多い結果となっています。
そしてどちらも好きではないという選択をした方は、10代、20代、40代という結果になりましたが20代の方々が最多の投票となっています。
こちらも結果も予想では10代の方々が最多になるのだろうと思っていたのですが、20代の投票が最多となる結果になりましたので、とても興味深いものとなりました。
何故こういう結果になったのかは、アンケートへのコメントで詳細を見ていきましょう。

 

アクセス元の結果

こちらの円グラフでは参加していただいた方のアクセス元(端末)を表示しています。
今回実施致しましたアンケートではパソコンからのアクセスが非常に多い結果になりました。
そしてタブレットも同様に数字が伸びたのではないかと思っております。
これは記事を宣伝した時間帯にも関係しているのかもしれません。
今回のアンケートでは深夜にてアンケートの宣伝を行ってみました。
なので深夜帯にゲームをやっている方など反応していただけたのかと思っております。
スマートフォンからのアクセスはこれまで通りに一番多い結果となりました。
今後はスマートフォン限定またはパソコン限定でアンケートを実施させていただく可能性もあるかもしれません。
スマートフォン限定でのアクセスでしたら、アクセス時間にも今後参考できる点も出てくるかもしれませんので、タイミングを計って実施させていただくかと思います。
また、パソコンともにタブレットでも是非実施していきたいとは思っておりますのでよろしくお願いいたします。

 

アクセス時間の結果

こちらの棒グラフではアクセス時間の結果を表しています。
今回実施致しましたアンケートは深夜の3時に投稿したものなのですが、朝の身支度の時間帯にアンケートをしていただける方はやはりとても多いように感じています。
こちらのアンケートは3分ほどあれば簡単にできてしまうものなので、少し時間が空いた際などに暇つぶしとして行っていただける方がとても多いようです。
やはり簡単なアンケートで利益があるということは嬉しいことだとは思いますので、手の空いた時間や時間をつぶしたい時などには是非ご利用していただけたらと思っております。
人それぞれ使用する時間は異なりますが、グラフで見てみるとこうやって塊があるということはやはりとても参考になります。

 

アンケートへのコメント

アンケートへのコメントはこちらをご覧ください。
コメントでは様々な意見が寄せられましたが、今回のコメントでもとても具体的なコメントがいくつもありましたので参考になる機会がとても増えています。
ウーロン茶を好んで飲んでいるという方はやはり『苦みが美味しいため』ウーロン茶を選択した方が多く、一方緑茶を選択した方の意見では、『苦みがなくさっぱりとした味なので飲みやすい』という意見が非常に多い結果となりました。
そして「どちらも好きではない」という選択をした方の意見では、『苦い飲み物が苦手』という声がとても挙げられました。そしてそういう方々は主に『水を飲んでいる』ということがコメントを見て改めて実感できました。

まとめ

今回実施致しました「ウーロン茶と緑茶どっちが好き?」というアンケートですが、代表的な飲み物として挙げられるであろうウーロン茶と緑茶でのアンケートでしたが、これまでにはなかった40代の方々の最多投票を実現できました。そしてコメントでは苦みや甘み、飲み方まで具体的にしていただき、改めてお茶の良さを知る機会となりました。片方が好きで片方は好きではない、またはどちらも好きではないと思ってる方は是非アンケートへのコメントをご覧になってみてください。お茶の良さが改めて分かるかと思います。大変参考になりました、ご協力いただいた方々ありがとうございました。

 

こちらのアンケートは既に終了してしまいましたが、当サイトでは他にもたくさんのアンケートを実施していますので、「参加したい!」、「自分の意見も投票したい」と思った方は是非アンケートにご参加してみてください。
4問のアンケートになっているので気軽に参加することが可能となっています。
アンケートにご参加していただいた方々、本当ご協力いただきありがとうございました。